読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい樹のブログ

楠樹暖の覚書

星くずのフラグメンツたなごころのたわごと閃きのフラッシュフィクションズ

施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』

Ads by でんでんアドネット

Twitterのタイムラインに流れてきた『バーナード嬢曰く。』、ググってみたら面白そうだったので買いました。実際読んでみたムチャクチャ面白かったです。

物語は、図書室の中で、本を読んでるアピールをする女の子(実は読んでいない)と、それを見ている男の子のやりとりです。一応男の子の方が主人公ということになるのかな?

その後、やたらとSFを読み込んでいる神林さんというSF者の登場で物語の方向性が定まってきた感じです。

一例を挙げると

ディックが死んで30年だぞ!今更初訳される話がおもしろいワケないだろ!

とか、ハードSF作家のイーガンについて

みんな実は結構よくわからないまま読んでいる…

とか書いてあったりします。

主人公の男の子も最初はキャラが弱い感じがしていたのですが、「ひと昔前に流行った本を古本で買うのが趣味」という捻りの効いた個性を与えられてます。

あともう一人、図書委員の子も出てきます。彼女はシャーロキアンだったりします。

色々と、本に関する小ネタが一杯で解説もしてくれるので、あまり本について詳しくなくても笑えます。

 オススメです。

 

第32回施川ユウキ先生インタビュー 【バーナード嬢曰く。/鬱ごはん/オンノジetc……】 | 東京マンガラボ

http://konomanga.jp/guide/29661-2

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

 

 1巻は「1巻」て書いてないので、一冊で終わる可能性があったということですか。2巻には「1巻で完結したつもりだった」と書いてあります。

1巻のカバーを取った表紙は文庫本のような装丁になっています。2巻は別デザインです。