読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい樹のブログ

楠樹暖の覚書

星くずのフラグメンツたなごころのたわごと閃きのフラッシュフィクションズ

スタニスワフ・レム『泰平ヨンの未来学会議』

Ads by でんでんアドネット

映画『コングレス未来学会議』の原作です。

映画のあらすじと、原作のあらすじが全然違うのですが……。

 泰平ヨンというのは人名で、この人が主人公の話がいくつかあるようです。

レムと言えば映画『惑星ソラリス』です。未来世界のハイウェイが東京首都高だったりすることで有名です。自分は『ストーカー』と同時上映だったのを見ました。

さて本題に戻って未来学会議ですが、一言で言うと「気持ち悪い」です。いい意味で。

主人公はテロに巻き込まれて病院送りにされます。しかし現代の医学では治療不可能ということで氷漬けにされて未来の世界で解凍されます。

未来の世界を『トムとジェリー』に例えると真ん中の話です。『トムとジェリー』は毎回3本立てで、真ん中の話はトムとジェリーが出てこない別の話でした。その中に、未来の世界の珍妙な製品を紹介するのがいくつかありました。それに感覚が似ています。

で、未来世界は色んなことの解決に化学薬品を使います。ディストピア感にも似た気持ち悪さがあります。

そして、主人公が未来世界の真実を知った時もまた気持ち悪さがクライマックスを迎えます。

P.K.ディック『ユービック』のようでもあり、映画『マトリックス』のようでもあります。

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)

 

 「気持ち悪い」というネガティブな表現を使いましたが、映画『ジェイコブス・ラダー』が好きな自分としては結構好きな話だったりします。

ジェイコブス・ラダー [Blu-ray]

ジェイコブス・ラダー [Blu-ray]

 

 ちなみに、映画『コングレス未来学会議』のあらすじに該当するエピソードはありませんでした。