読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい樹のブログ

楠樹暖の覚書

星くずのフラグメンツたなごころのたわごと閃きのフラッシュフィクションズ

伊藤計劃『ハーモニー』のETML

Ads by でんでんアドネット

伊藤計劃先生の『ハーモニー』を読んだわけですが、創作系の人が読んだなら思うであろうことが一つあります。

それは、「ETMLで文章を書いてみたい」です。

ETMLはHTMLみたいなマークアップ言語で、感情を記述できるものです。

こんな感じ↓

<?Emotion-in-Text Markup Language:version=1.2:encoding=EMO-590378?>
<!DOCTYPE etml PUBLIC:-//WENC//DTD ETML 1.2 transitional//EN>
<etml: lang=ja>
<body>
</body>
</etml>

これをTwitter小説で実現しようとすると問題が!

本文が無いこの部分だけで160字以上あります。140文字しか使えないTwitter小説では実現不可能でした(^^;)

宣言文を省略すればよさそうですけど、どういうのが省略可能かは分かりません。

あと、『ハーモニー』の中では嬉しいとか楽しいとかいう感情のタグが見当たりません。規約が明確でないといかんともしがたく……。

作中、<anger>とか<fear>とか<sadness>は出てきた気がします。あと、どういうのがあるか想像してみます。

そこで参考にするのは『インサイド・ヘッド』という映画。これは頭の中の感情を擬人化したものらしいです(自分は見ていない)。

主人公の頭の中には

  • ヨロコビ(JOY)
  • カナシミ(SADNESS)
  • イカリ(ANGER)
  • ムカムカ(DISGUST)
  • ビビリ(FEAR)

というキャラが居るらしいです。

つまり、喜びを表すタグは<joy>でないかと推測できます。

ということで、ETMLで物語を書いてみましょう。

<?Emotion-in-Text Markup Language:version=1.2:encoding=EMO-590378?>
<!DOCTYPE etml PUBLIC:-//WENC//DTD ETML 1.2 transitional//EN>
<etml: lang=ja>
<body>

<joy>

箸が転んだ。

</joy>
</body>
</etml>

 

 

ハーモニー ハヤカワ文庫JA

ハーモニー ハヤカワ文庫JA