読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい樹のブログ

楠樹暖の覚書

星くずのフラグメンツたなごころのたわごと閃きのフラッシュフィクションズ

『ファーレンハイト9999』と『華氏451度』

Ads by でんでんアドネット

 

ファーレンハイト9999 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

ファーレンハイト9999 (ダッシュエックス文庫DIGITAL)

 

 『ファーレンハイト9999』の主人公はオタク文化が規制された世界の警視庁焚書課の捜査官です。オタク文化を取り締まる立場なのに、実は隠れオタクで、禁止された違法コンテンツを隠し持っていたりします。

この設定でピンと来ませんか?

そうです。レイ・ブラッドベリ華氏451度』です。

華氏451度〔新訳版〕

華氏451度〔新訳版〕

 

 新約の『華氏451度』の訳者あとがきを読むと、アメリカのコミックブック焚書に影響されてブラッドベリは焚書を扱った話を書いているようです。

なので、『ファーレンハイト9999』は『華氏451度』の正当な流れを組んだ作品とも言えるでしょう。

ちなみに、「華氏」は「fahrenheitファーレンハイト)」なので、そのまんまですね。