読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい樹のブログ

楠樹暖の覚書

星くずのフラグメンツたなごころのたわごと閃きのフラッシュフィクションズ

Wordからhoririum式折本作成方法

Ads by でんでんアドネット

【はじめに】
WordとフリーのPDF面付けツールPDFin1を使って、horirium式折本(16ページ)を作る手順を紹介します(Windows用のみ)。
A4サイズがA8サイズになるので√2の4乗=4で、各ページは1/4=25%の縮小になります。

【1:余白】
プリントは5mmの余白を残す必要があります。余裕を持たせて6mmにします。

【2:ページ設定】
Wordの余白を6mm×4≒24mmにします。

f:id:kusunokidan:20150707143804j:plain

ページ下はページ番号の分広めにとってあります。


【3:フォント設定】
フォントサイズの完成形を8ptとすると、8pt×4=32ptにします。

f:id:kusunokidan:20150706164048j:plain


【4:本文】
表紙や本文を書きます。

f:id:kusunokidan:20150707144150j:plain



【5:エクスポート】
[ファイル]-[エクスポート]-[PDF/XPSドキュメントの作成]でPDFファイルを作成します。

f:id:kusunokidan:20150707144107j:plain


【6:PDFオプション】
そのままだとフォントが埋め込まれないので、PDFのオプションを変更します。

【7:フォント埋め込み】
[PDFのオプション]で、[ISO19005-1に準拠(PDF/A)]にチェックを入れます。

f:id:kusunokidan:20150706164153j:plain


【8:PDF】
16ページのPDFができました。

f:id:kusunokidan:20150707145207j:plain

 


【9:PDFin1】
PDF面付けツールPDFin1を起動し、[horirium式折本16ページ]を選択してPDFを変換します。

f:id:kusunokidan:20150707145218j:plain


【10:完成】
A4一枚に16ページ分が面付されたPDFができあがります。

f:id:kusunokidan:20150707145239j:plain

 

 

f:id:kusunokidan:20150707184617j:plain


【おわりに】
Wordでなくても、PDFが出力できるなら、ExcelでもPowerPointでも一太郎でも何でもできると思います。

 

今回PDFを作成するときに使用したWordのテンプレートを織豊出版のホームページに置きました。折本作成にお使いください。

Word用折本テンプレート | 織豊出版

 

【おまけ】

楠樹式折本用のPDFから、そのままhoririum式折本が作れるかと思ったのですが、やってみるとページ下端のページ番号が消えるページが出てきました。

理由は四辺の印刷されない5mmに入ったからです。

楠樹式折本の場合は、ページ下端は四辺にはなりません。なので、折り目ギリギリまで使えます。6mmの空白を空けて、そこにページ番号を書くようにしています。

horirium式折本の場合は、四辺に行く場合も出てくるので、一律6mm空けるようにテンプレートを修正しました。なので本文スペースが少し減っています。